ライフスタイル 生活用品

大人になっても爪を噛むくせが治せないあなたに送る最強アイテム【かむピタ】       

大人になっても爪を噛むくせが治せないあなたに送る最強アイテム【かむピタ】 
まついち

みなさん、こんにちは。20年かけて爪噛み癖を克服したまついちです。


今回は「大人になっても爪を噛むくせが治せないあなたに送る最強アイテム【かむピタ】」という内容でお送りします。

大人になっても爪を噛むくせが治せないあなたに送る最強アイテム【かむピタ】

悩める人

大人になっても爪を噛む癖を治せない…

こんな方に向けて、悩みを一発で解決してくれる「かむピタ」を紹介していきます。

まず、はじめにお伝えしたいのが、「大人になっても爪を噛む癖がある」という方は意外に多いです。

そのため、あなただけが爪噛み癖の悩みに直面しているとは思わないでください。

しかし、その癖をどうやって治せば分からないという方がほとんどです。

気合だけではなかなか治すことのできない爪噛み癖ですので、なかなか難しいですよね…

そんなしつこい癖におサラバしましょう!

気づいたら口元に指先を持ってきていませんか?

気づいたら口元に指先を持ってきている、そして爪を咥えていませんか?

ドキッとした方もいるのではないでしょうか?

また、それが無意識になっている方がほとんどでしょう。

まついち

僕も無意識でした…

爪を噛むことが無意識になってしまうと、治すのも大変ですよね。

そこで、僕が使用したのが「かむピタ」です。

かむピタは、とても苦い液体です。これを、爪に塗ることで、爪を噛んでしまったときにとても苦い味を感じることになります。

この苦さは何にも例えられないくらい苦いです。

そのため、もう二度と爪を噛みたくないという気持ちにさせてくれます。

万が一、爪を噛むようなことをしてしまっても、すぐに指先を口元から離したくなります。

参考記事爪を噛む癖で恥ずかしい思いをしたことがある人へ送る最強の克服法【かむピタ】

今回は「爪を噛む癖で恥ずかしい思いをしたことがある人へ送る最強の克服法【かむピタ】」という内容でお送りします。 目次1 爪を噛む癖で恥ずかしい思いをしたことがある人へ送る最強の克服法【かむピタ】2 や ...

続きを見る

爪噛み癖を苦労して治す必要はない

正直、爪噛み癖を苦労して治すくらいなら、爪を隠して生きていける。という方もいるかも知れません。

長年、身についている癖ですし、そう簡単に治るはずはないという考えも理解出来ます。 

僕も最初はそう思っていました。とりあえず、半信半疑で「かむピタ」を購入しました。

これが、結果的に僕の人生を変えることとなりました。

是非、一歩、アクション(行動)を起こしてみませんか?

爪噛み癖を苦労して治す必要はない
かむピタ

子供だけではなく、大人にも有用

子供向けの爪噛み対策や、指しゃぶり対策として大々的に販売されている「かむピタ」ですが、もちろん大人にも使えます。

むしろ、僕は大人の方々にこそ、おすすめしたいです。

特に、

  • 爪噛み癖を治そうとしているけど、なかなかうまく行かない方
  • 挫折してしまう方
  • 恥ずかしくて人に相談できない方

にはピッタリだと思います。

具体的な「かむピタ」の活用法

ここで、具体的な「かむピタの活用法」を説明します。

  • 朝・昼・夜いつでもいいので一日一回、かむピタを爪先に塗布します。(マニキュア感覚で塗ることができます。)
  • 乾くのを待ちます。(30秒くらい)

これだけでOKです。

お風呂に入ると塗布した部分が落ちてしまいます。

色も、無色透明なので、周りを気にする必要はありません。

誰でも気軽に始めることのできる爪噛み癖対策として、ぜひ、この機会に検討してみてください♫

\今なら1,100個限定で1,650円(税込み)で販売(通常2,980円(税込み))/

かむピタを公式サイトで購入する

終わりに

いかがでしたでしょうか。

本日は「大人になっても爪を噛むくせが治せないあなたに送る最強アイテム【かむピタ】」という内容でお送りしました。

僕も、現在進行系でかむピタを利用しています。

日々、爪が綺麗に伸びていく姿を見ていると、小さな幸せを感じることができます。

よりよい爪の形になるには時間がかかると思いますが、根気強く続けていきたいと思います。

ここまで、読んでいただきありがとうございます。

僕のブログでは他にも様々な情報を発信しておりますのでぜひご覧ください。

それではっ♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

matsuichi

普段はイヤホンブログで執筆活動。まついちりずむでは、普段の体験を通してマイペースに情報発信。その中で、みなさんに還元できることがあれば幸いです。

-ライフスタイル, 生活用品
-,