ライフスタイル 雑記

20歳にして、歯の神経を抜いた。今のところ超快適です。【抜髄】

みなさん、こんにちは。まついちです。

今回は「20歳にして、歯の神経を抜いた。今のところ超快適です。【抜髄】」という内容でお送りします。

抜髄して最高の生活を手に入れた

先日、歯の激痛のあまり、歯医者さんに駆け込みました。

薬をもらい経過観察をしたのですが、それでも痛みはおさまらず、抜髄することになりました。

ちなみに抜髄というのは、歯の神経を抜くことです。

抜髄することのメリットは、歯のしみなど、あらゆる痛みがなくなることです。

抜髄してからというものの、歯痛で更新できなかった大好きなブログも順調に取り組めるほど、最高な生活を手に入れています。

歯が痛いと、人生損することばかりです。

食べ物は食べられないですし、寝られないですし、集中力はなくなりますし、僕の場合、頭痛にまで派生しました。

もし、歯痛で悩んでいる方がいれば、一刻も早く歯医者に行くことをおすすめします。

歯医者の治療の痛みよりも歯痛の方がよっぽど痛いので歯医者を怖がる必要は全くありません。

ただ、抜髄すると、その後数回歯医者に通わなくてはならないため、一回で終了することはまずないでしょう。

抜髄することによるデメリット

ただ、抜髄することは残念ながらデメリットの方が大きいです。

抜髄することで、歯痛がなくなるので、快適な生活を送ることができるのですが、おそらく20年後くらいに歯が抜けます。

というのも、神経は栄養を送るところであるので、それを抜くと栄養を完全に採ることができなくなるということになります。

すると、栄養がなくなった歯は抜けます。

ですので、歯医者さんはなるべく抜髄することは避けてくれます。

僕の場合、20歳で抜髄したので、40歳ごろには歯が抜けるということになりますね。

抜髄はひとときの快楽を与えてくれますが、後々そのツケが自分に帰ってくると考えた方が良さそうです。

その他にも歯が変色してしまうなどのデメリットがあります。

ただ経過観察をしても歯痛がおさまらないのでは、もう抜髄するしかないのであきらめましょう。

終わりに

いかがでしたでしょうか。今回は「20歳にして、歯の神経を抜いた。今のところ超快適です。【抜髄】」という内容でお送りしました。

歯痛で悩んでいるのなら、薬に頼るのもありですが、今すぐに歯医者に電話することをおすすめします。

もっとも、歯痛が起きる前に日頃から歯のメンテナンスをして予防することが大事です。

歯が健康な状態だと思っていても、二ヶ月に一回ぐらいは歯医者さんにかかることをお勧めします。

参考記事→(歯のメンテナンスは超大事。異常がなくても歯医者に通うべき。【頻度は二ヶ月】

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

僕のサイトでは他にもさまざまな情報を発信していますので、是非ご覧ください。

それでは。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

matsuichi

普段はイヤホンブログで執筆活動。まついちりずむでは、普段の体験を通してマイペースに情報発信。その中で、みなさんに還元できることがあれば幸いです。

-ライフスタイル, 雑記
-, ,